サイバーウォッチャー » 記事詳細

平成20年6月定例県議会で公明党議員より、「殺人予告」等について、今後どのようにしていくのか?

●答弁内容

個人や企業によるサイトの開設が急増し、膨大なサイトの中から、犯行予告の書き込みを警察だけで把握することは不可能に近いことから、県内プロバイダー19社で構成する「千葉インターネット防犯連絡協議会」と

「千葉県県警サイバー犯罪防止対策ウォッチャー」に対して、殺人・爆破・障害等の犯罪を予告する書き込みを発見した場合は、110番通報するよう要請文書で、協力を依頼した。

これにより千葉県警に寄せられた通報は29件で、携帯サイト通報は12件、そのうち1件に対して警告を行った。

前記の質問・回答がありました。

今後もサイバーウォッチャーの活躍が期待されます。

08年7月7日 44,351