まちづくり » 記事詳細

意見交換の様子

件名:柏二番街商店街及び柏中心市街地視察

日時:平成20年3月17日(月)午前11時〜午後3時

場所:千葉県柏市二番街商店街

出席者:網中氏、関根氏、西広氏、神原氏、多部田氏、常世田氏(記録)

工藤忠男市議会議員、橘地域再生マネージャー 計8名

柏商店街対応者:柏二番街商店街 会長 石戸氏、柏インフォメーションセンター藤田氏

主催:シティオ・双葉町商店街

----------------------------------------------------------

1、視察内容

@シティオ・双葉町商店街で中心市街地活性化の成功事例を視察するため千葉県・柏市を訪問しました。

柏は、数少ない中心市街地の活性化に成功した都市として全国的に知られています。

『柏の活性化とイメージアップ戦略の実践』を学んできました。

A街を活性化させる為の具体的な取り組み方、組織作りのポイント、情報発信の大切さ、行政及び商工会議所との協働など目から鱗の貴重なお話を聞き、参加したメンバー全員が『何としても銚子を活性化させたい』という気持ちを強くしました。

B『ひとりのリーダー(石戸氏)の熱い気持ち』が人を動かし、組織を動かし、

行政・商工会議所を動かし、街を動かした話は感動すら覚えました。今回の視察を今後の中心市街地活性化の活動に役立て、銚子のオリジナルな街創りの参考になった。

-------------------------------------------------------------

2、意見交換会

柏二番街商店街 会長 石戸氏と柏インフォメーションセンター 藤田氏から説明を受けた後の意見交換

Q:柏インフォメーションセンターに1日どれ位の人が来ますか?

A:藤田氏 現在は1日当たり約130名。当初は1日4から5名でした。

Q:柏インフォメーションセンターは駅前の1等地にあるが、広さはどれくらい?

家賃はいくらでどこが負担しているの?

A:藤田氏 広さは約120坪で、柏市役所の出張所が70坪、インフォメーションセンターが50坪。家賃は坪25000円で、全て行政負担。

Q:柏インフォメーションセンターの事務員の給料はどれくらい?(運営コストは?)

A:藤田氏 事務員の給料の金額は言えないが、行政から年間1400万円の補助金と

収入300万円で賄っている。

Q:どういう方法と手順で柏の活性化を始めたのか?

A:石戸氏 ひとりのリーダーがイメージを作り上げ、出来る事から進めていく。

活動をマスコミ等へPRし、市民に活動内容をアピールする形が出来上がれば、

行政・会議所・他の団体・商店街も巻き込める。(始めは行政も会議所も全く動かなかったため相当苦労したと・・・)

Q:柏をどういう街にしたかったのですか?

A:石戸氏 家賃の高い街。(価値のある街。出店したいと思う街は、魅力があり家賃も高い。)

Q:銚子のイメージを作り上げるには?

A:石戸氏 東京・柏のマネをしてもダメ。具体的な銚子のイメージをリストアップし、どういう街にしたいのかを考える。多くの人の意見も大事だが、ひとりの良い意見や考え方に乗っかる事が大事。

-------------------------------------------------------------

記録:常世田(双葉町商店街)

08年3月23日 20,521