まちづくり » 記事詳細

銚子中心市街地活性化研究会規約

-------------------------------------------------------------------------

(名称)

第1条 本会は、「銚子中心市街地活性化研究会(以下「研究会」という。)」と称する。

(目的)

第2条 研究会は、銚子市の中心市街地における都市機能の増進及び経済活力の向上を総合的かつ一体的に推進するための必要な研究を行う。

(組織)

第3条 本会は、第2条の目的に賛同して入会した者(以下「会員」という。)により組織する。

2 会員になろうとする者は、本会の承認を受けなければならない。本会を脱会するときは、その旨を会長に届けなければならない。

(活動)

第4条 研究会は、その目的を達成するため、次の活動を行う。

(1)銚子中心市街地の活性化に関する会員相互の意見及び情報交換

(2)中心市街地活性化のための勉強会、研修及び情報交換

(3)研究会の会員及び地域向けの情報発信

(4)その他研究会の目的に沿った活動の企画及び実施

(役員の選出)

第5条 研究会に次の役員を置く。

(1) 会長 1名

(2) 副会長 2名

(3) 幹事 1名

前項の役員は、会員相互の互選により選任する。

(役員の任期)

第6条 役員の任期は2年とする。ただし、再任を妨げない。

2 役員は、任期が満了しても、後任者が就任するまで、その任務を行うものとする

(役員の職務)

第7条 会長は、研究会を代表し、会務を総理する。

2 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるとき、その職務を代理する。

3 幹事は会務を分掌し、その処理に当たる。

3 会員は、研究会の運営のための活動を行う。

(顧問等)

第8条 本会は顧問及び参与を置くことができる。

2顧問及び参与は、会議に出席して意見を述べることができる。

(事務局)

第9条 研究会の事務を処理するため、事務局を置く。

2 事務局は会長の所属する事務所に置く。

(会議)

第10条 会議は、第2条の目的達成のため、必要の都度開催することとし、会長がこれを招集する。

附 則

1 この規約は、平成19年10月1日から施行する。

本会の設立当初の役員の任期は、第6条の規定にかかわらず、平成21年3月31日までとする。


添付ファイル名タイトル又は概要サイズ(B)
ul0311172921.pdf 会員申込書 42,501
kiyaku.pdf 規約 62,270
08年3月7日 22,130